ブログデザインに苦戦していたら、勉強の楽しさを思い出した。

どうも、わくわく(@wakuwaku_saaan)です。

ブログのカスタマイズに、この1〜2週間の結構な時間をあてていました。

魚さん(夫)と一緒でない休みの日は、朝から晩まで常にPCと一緒。

ちまちまデザインを変えていました。私、根性には自信があったんですけどねぇ…

 

さすがに、心折れる。

 

デザインを直して、「いい感じじゃん!」そう思ったら、別の部分がおかしくなっているんですよね。

 

「コピペでOK!」

 

OKなものもあれば、そうでないものもあり。コードの意味がある程度わからないと、そのコードも直せない…。直し方がわからないものもあり。

 

平匡さん!(逃げ恥)と何度叫んだことか。

そうこうしている間に、やらかしたんですよ。

デザインを修正していたらブログが崩壊したんです。

しかも、何日もかけてデザインを修正して、ようやく完成に近づいた頃に…

 

私:「うわぁぁあ、ブログが変になったぁぁあ!」

(この世の終わり感。本当に泣いた。)

 

魚さん:「俺のターン!」

そう言って向かった先は…

f:id:bluestar0811:20181227171800j:plain

 

ソファーかよ。

デュエルかよ。

嫁はここ(デスク)にいるよ。

 

そう、魚さんはデュエリスト。遊戯王のアプリで遊んでいます。

魚さん:「待ってるからいいよぉ、好きにやってね〜」

私:(遠い目)

 

好きで始めたブログ。

自分で学ぶしかないのです。

その事件をきっかけに考えを改めまして。コピペはするけど、現段階で必要な最低限のことは学ぼうと、HTMLとCSSについて勉強しました。

その努力の甲斐なのか、なんとか無事に直せました。

 

久々に真剣に、長時間勉強してみて、「そういうことか!」となる瞬間の、あの高揚感?嬉しさ?を味わいました。

 

昔はもっと長い期間、長い時間を勉強にあてていたと考えると、単純にすごいなーと思います。

 

その経験があるから、今も何かやるべきこと、やりたいことに向かって努力できるわけで。

 

「数学って、学んでいつ役に立つの〜」

「歴史なんて知らなくても生きていける」

 

学生時代、そういった言葉を聞くたびに、「そんなことは考えない!大学入学のため」と割り切っていましたが、もしかしたら、そういう疑問一つ一つに答えがあるという訳ではないのかもしれないなぁ、と。

 

考察力や発想力、記憶力、努力を継続して、何かを乗り越えることができる力、効率や優先順位を考える力…そういったいろんな力を育ててくれるのが『勉強』で、一人一人の勉強方法は違うから、必然的にその力の比率も違ってくる。

それに伴って、人それぞれで強みとなる部分も違う。

そう考えると、単に進学がどうとか、就職先がどうとか、それだけではなくて、好きなことを突き詰めるためにも、将来の夢を追うためにも、魅力のある人になるためにも、勉強はした方が良いと、今なら言える。

生きている以上、人となりは形成途中です。

私はこれからも、何かを勉強している人でありたい。

数年後、子どもができたら、どんな風に勉強の意義を説明しようかなぁ。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

一瞬のわくわくが、連続する毎日を。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!